実は間違っていた?!メガネのお手入れ方法

レンズの乾拭きは厳禁

毎日使用するメガネのレンズには皮脂汚れや埃、花粉などの汚れが付着しやすいものです。しかし、メガネのお手入れはレンズの汚れを布で拭き取るだけという方も多いかもしれません。メガネのお手入れ方法は難しいものではなく簡単ですが、実は正しいやり方があります。まずメガネのレンズを布でゴシゴシと拭くのは厳禁です。レンズに付着した埃や汚れを落とす前に布で乾拭きしてしまうと、レンズに細かな傷がつく恐れがあります。レンズを布で乾拭きする前に水で埃や汚れを洗い流すのがベストです。 ちなみに洗浄にはお湯ではなく、水を使うようにしましょう。お湯で洗ってしまうとレンズの反射防止コートなどの皮膜にダメージが加わることがあるからです。メガネを良い状態で長く使い続けるには日頃からの正しいお手入れ方法が大切になります。

メガネの洗浄を習慣づけよう

メガネの正しいお手入れ方法としては、レンズに付着した汚れを落としてから乾拭きすることが基本です。つまり乾拭きの前にレンズを洗浄しなければなりません。しかし、レンズを毎日洗浄するのを面倒に感じられる方も多いでしょう。そこで帰宅後や就寝前など洗浄する時間帯を決めて、メガネの洗浄を習慣化することをおすすめします。 それも面倒な方はメガネ店などで見かける超音波洗浄機を使用してみるのもいいかもしれません。超音波洗浄機は手頃な価格で買えるので、自宅でも使用することができます。超音波洗浄機はメガネを入れてスイッチを押すだけで洗浄が完了するので便利です。また、手洗いでは洗いにくいレンズとフレームの隙間や鼻パッドなど細部まで洗えるというメリットがあります。洗浄後はタオルなどでしっかり水分を拭き取り、仕上げにメガネクロスで拭き上げましょう。

めがねのお手入れをする際は、お湯ではなく水で汚れを洗い流してから水分をしっかり拭き取ることが大切です。