メガネの正しいお手入れ

そのお手入れの方法は正しい?

普段からメガネを愛用している方ならば、レンズの曇りやフレームの汚れなどを落とすために、何からの方法でお手入れをしているはずです。ただし長年のメガネ愛用者であっても、必ずしも正しい方法でお手入れしているとは限りません。良かれと思って続けていたお手入れが、かえってメガネにダメージを与え、製品寿命を縮める結果を招くこともよくあります。

例えばレンズを乾拭きしていたり、お湯で洗うといった方法は、その典型的ケース。乾拭きするとレンズに付着したゴミやホコリと一緒に擦ることになり、レンズに傷を付けてしまいます。またレンズ表面には撥水コートなど様々なコーティング加工が施されているので、お湯で洗うのも禁物です。熱によってコーティング剤が溶けたり剥がれて、その機能を失うことにもなりかねません。

正しいお手入れの方法を知ろう!

それではメガネを正しくお手入れするには、どのような方法がよいのでしょうか。まずフレーム等に汚れが付着したら、最初に水で洗い流すのが基本。またレンズに付着した油汚れに対しては、メガネ専用のクリーナーで洗浄するのが理想です。もしクリーナーがなければ、台所用の中性洗剤でも対応できます。

その際の洗い方は、専用クリーナーであれば使用上の注意をよく読んだ上で、スプレーなどから直接塗布します。また中性洗剤を使う場合には洗面器などに水をため、そこへ洗剤を数滴たらして泡立て、洗面器の中でメガネを洗います。いずれの場合でも傷を付けないように、優しくゆっくり丁寧に洗うことが重要ポイント。そして水気を取る際にも擦らずに、柔らかいティッシュペーパー等で押し拭きすることも、忘れてはならないポイントです。